導入事例
<特集>今すぐ読める!AIカメラの活用事例

大塚商会の大規模イベントで「OPTiM AI Camera」が活躍!ラーメン店や自転車店からも熱視線

AI Start Lab 編集部 2022.5.25
システムの提案からオフィス環境構築まで、ITにまつわる最適なソリューションを提供する大塚商会は、製品・ソリューションの展示会「実践ソリューションフェア」を毎年2月に開催している。2022年はコロナ禍での開催となったが、オンラインとオフラインを組み合わせたイベントとして開催され、会場では、リアルなステージやブースが登場した。会場では、業務の課題別に展示エリアを設計、オフィスのデジタル化をアシストするソリューションを中心とするコーナーを設けた。


このなかで登場したソリューションのひとつに「OPTiM AI Camera」がある。ただ展示するだけでなく、実際にイベントの商談コーナーの混雑具合の可視化を行い、イベントの課題を解決。AIカメラの価値を訴求したとのこと。詳しい内容について大塚商会の担当者に聞いた。

AIカメラをブースに設置。顧客接点強化の付加価値に



2022年2月8日からの3日間にわたり開催された、大塚商会主催のITの総合展示会&セミナー「実践ソリューションフェア」。かねてよりITソリューションなど幅広い製品を展示してきた。東京会場開催は45回目を迎えるイベントで、例年1万5,000人近くの来場者でにぎわう。

今回は「あなたのための、DXでありたい。」をテーマに掲げ、顧客目線のDX推進を提案。会場を疑似的な「DXオフィス」に見立て、「業務」「働き方」「意思決定」「顧客接点」「IT環境」「ものづくり」にソリューション群を分類して活用例を示した。OPTiM AI Cameraを紹介したのは、「顧客接点」のゾーン。展示の担当者である統合戦略企画部の山田龍吉(やまだ・たつきち)氏は、その狙いについて次のように話す。

「顧客接点ゾーンには、小売店の店舗や商業施設において顧客サービスに付加価値をもたらすソリューションを用意しました。そのひとつとしてOPTiM AI Cameraを展示したかたちです。実際、当日は事業に店舗運営を含んでいらっしゃるお客様がこのゾーンに足を運ばれるケースが多かったです」(山田さん、以下同)

大塚商会本社のショールームにも「顧客接点」にフォーカスしたゾーンが設けられている

大塚商会は、DX推進に役立つITソリューションを多種多様な業種の取引企業約28万社に向けてアプローチできるところが強みである。「実践ソリューションフェア」でも、幅広い業種の企業が課題解決の可能性を見つけることができる。

「OPTiM AI Cameraは、ラーメン店や自転車店を経営されているお客様から大きな関心を寄せられていました。ラーメン店の課題は、デジタルとアナログのデータの融合でした。注文方法が発券機と直接のオーダーの2通りのため、メニューの売れ行きの情報を一元管理したいというご要望があり、AIカメラを活用して測定できないか検討しました。また、自転車店はマーケティングと混雑可視化のソリューションを検討されており、AIカメラを店舗に設置することに関心をお持ちいただきました」

OPTiM AI Cameraは混雑把握のベストソリューション


当日の混雑状況の表示の様子

当日は、離れた2カ所の商談コーナーにOPTiM AI Cameraを設置。デジタルサイネージで混雑状況を表示させることで、来場者に使い勝手を確認してもらったという。

「店舗をお持ちのお客様は、特にコロナ禍をきっかけに混雑を避けるためのソリューションをリサーチされています。OPTiM AI Cameraは匿名化した混雑状況の画像を自動で発信できますので、エンドユーザーの利便性や安心感につながるという意味で、非常に有効なツールだと実感しています」

OPTiM AI Camera の匿名化技術は、人物をシルエット化。混雑状況がひと目でわかる。また元の映像はすぐ破棄され、AIによる解析結果が描画されるため、プライバシー保護も万全だ

商談コーナーの空き状況の確認は、これまでもイベントで課題となっていた。今回、OPTiM AI Cameraを導入したことにより、ひと目で利用状況・混雑状況が把握できるようになったという。

「フェアは多くのお客様にご足労いただくため、これまでも混雑で商談をお待たせしないように、さまざまな対策を講じてきました。たとえば、着座センサーを椅子のクッションに装着して、商談コーナーの利用を把握していた時期もあります。ただ、レイアウトが変わると使えなかったり、センサーを紛失したりとトラブルもありました。それまでの課題は打ち合わせの回転率を上げてお客様をお待たせしないことでしたが、コロナ禍の開催における課題としては三密対策ということで、目的は変わったもののAIカメラの活用はベストソリューションだったと思います」

OPTiM AI Camera はクラウドでデータを解析するため、ネットワークカメラを設置するだけですぐに利用を始めることができる。短期間のイベントでも、解析用のハードウエアなどが必要ないので、導入しやすい点が魅力だ。

また、当日は12台のAIカメラを活用して会場全体の混雑状況を可視化。来場者向けのパンフレットにQRコードを記載し、スマホで読み取ることで混雑状況を掲載したWebサイトにアクセスできるようにもした。

大塚商会は、顧客に取扱製品やソリューションを提案するにあたり、まず自社で活用してみることをポリシーのひとつにしている。OPTiM AI Cameraはイベントだけでなく、本社の食堂で導入しており、ランチタイムになるとエレベーターホールのサイネージに混雑状況を表示。導入によって得られる効果を踏まえ、顧客提案に活かしているそうだ。

大塚商会本社のエレベーターホールのサイネージに表示されている食堂の混雑状況。OPTiM AI Camera を活用している

現在、業務効率化とマーケティングの双方を実現するためにデータの利活用提案にも携わっている山田氏。今後、OPTiM AI Cameraに期待することについて、山田氏は「未来予測の機能」と話す。

「コロナ禍では混雑回避のソリューションとして活用されていますが、アフターコロナは来店客の利便性につながるソリューションとして活用の機会が広がると思っています。たとえば、来店客の滞在時間や注文したメニューなどさまざまなデータを収集して、『あと何分くらいで席が空く見込み』といった情報を提供できれば、来店機会の損失防止にも寄与するはずです」

業種の垣根を越えてデータドリブンなビジネスの実践を後押ししている大塚商会。フェアでの活用を踏まえて、OPTiM AI Cameraの活用の可能性をどのように広げていくのか、これからの展開に期待したい。



大塚商会
https://www.otsuka-shokai.co.jp/
OPTiM AI Camera
https://www.optim.cloud/services/ai-camera/


取材・文=末吉陽子
撮影=齋藤葵

必要事項をご記入の上、
資料を請求する」を押してください。
は必須入力項目です。

【プライバシーポリシー】

個人情報の利用目的

このフォームに入力いただきました個人情報は、資料のお届けのほかに、以下に定める目的(これらに関連する目的を含む)達成のため利用します。

  1. ① 新サービス、新商品、機能改善等お客様に有用と思われる情報の告知、広告、宣伝、ダイレクトメールの送付、お電話によるご紹介等、サービスに関する各種ご提案のため
  2. ② 顧客動向調査、商品開発等の為の分析
  3. ③ 当社の商品やサービスの紹介や宣伝
  4. ④ 当社が提供する各サービスの障害情報、メンテナンス情報等技術的なサポートに関する情報のご提供のため
  5. ⑤ その他当社の事業に付帯・関連する事項
  6. ⑥ 商品や景品、プレゼント等の発送、当サイトが実施するアンケートへのご協力のお願いのため
  7. ⑦ このフォームにご入力いただいた個人情報を元に、個人として特定できない範囲において統計情報として集計し、お客様に有用なサービス改善・開発の参考資料とするため
  8. ⑧ 当社が提供する各サービス及びそれに関連するサービスのご提供及び当社サービス利用者の管理のため
  9. ⑨ 当社が提供する各サービスに関する不正行為等の防止および対応のため
  10. ⑩ 各サービスの提供に当たりお客様本人からあらかじめ同意を得ている場合に、個人情報を第三者に提供するため
  11. ⑪ その他、各サービスの提供に当たり利用目的を公表の上、同意をいただいた利用目的のため

※お客様に関する「取得する個人情報」(属性情報やサービス利用履歴等)を、AI等を用いて、過去および現在のお客様ご自身またはお客様以外の方の個人情報、その他の情報(統計情報や推定情報を含みます。)とともに分析を行い、これによりお客様の趣味、嗜好、購買傾向、属性、信用度等を推定し、当該分析・推定結果に基づいたお客様に対する広告配信やマーケティング等の施策、利用状況の調査、サービス改善、新規サービスの開発、等に利用する場合があります。

その他個人情報の取り扱いについては、プライバシーポリシーにてご確認ください。
https://ai-start-lab.com/privacypolicy

印刷ページを表示
WRITTEN by

AI Start Lab 編集部

AI・人工知能のビジネス活用についての情報をさまざまな視点からお伝えしていきます。
<特集>今すぐ読める!AIカメラの活用事例

AIのビジネス活用に関する
最新情報をお届け

会員登録

会員登録していただくと、最新記事やAI関連のイベント情報を受け取れたり、その他会員限定コンテンツの閲覧が可能です。是非ご登録ください。