AI入門

RPAとAIの違いとは? 正しく理解して導入するための手引き

AI Start Lab 編集部 2020.10.12
ロボットによる業務改善や効率化を行う技術「RPA(Robotic Process Automation)」は、今やAI・人工知能と並ぶ注目のITワードとなった。

RPAのツールはさまざまな形で提供されている。

同じようにコンピュータによる業務改善や効率化を行うAI・人工知能テクノロジーとの違いはどの部分にあるのだろうか。

本記事ではRPAとAIの違いを解説する。目的によってRPAとAIを使い分けられるようにしていきたい。

RPAとは「自動化ソフトウェアロボット」


RPAとは、一般的にPCを使用して行なっていた業務の代行や、自動化を実行するソフトウェアロボットである。

ホワイトカラーとされるデスクワークの単純作業の効率化や、コスト削減を期待できるため、企業の変革を進めてくれる。

業務を行う際の判断基準やルールをRPA自身で判断することはなく、あくまでも人が定めたルールに従って自動的に繰り返すのみに留まる。

つまりは定型的かつ反復性の高い業務を実行するならば、高い効果を得られるのである。

また、代行や自動化したい業務内容をRPAに覚えさせるために特別な知識や技術も必要ないことから、導入時のコストも少なく、スムーズな運用に移行できる点もメリットの一つだ。

RPAとAIの違い



AIは人にしかできない知的で高度な作業を、人工的なシステムで行えるようにしたテクノロジー。

人からの指示を毎回必要とせず、処理した経験から学んで自律的に学習していく。つまりはRPAの違いとは自律性にある。

RPAは特定のルール上で手作業の代替となるが、AIは他のツールに指示や調整を行なう役割を持つのだ。

作業で得たデータを用いて業務改善の提案を行なってくれるAIは、人の頭脳となるテクノロジーになりうる。

ただし、RPAがAIに劣っているわけではない。

決まった単純作業を実行してほしい場合にはRPAを使い、業務改善の課題発見やテクノロジーに判断を任せたい作業の場合はAIを導入するなど、使い分けができる。さらにRPAは難しい設定は必要ない。

また、AIを組み込んだRPAも登場している。ただ作業をこなすだけではなく、AIによって高度な処理を行い、単純作業に細かい調整を加えていけるようになる仕組みだ。

どのツールを選ぶのかは目的によって異なる。

RPA導入の3つのメリット



RPAとAIを使い分けるためにもRPAのメリットを3つ解説する。

労働環境の変化や働き方改革の影響により、業務改善はもはや企業における必須課題である。

1. 業務の自動化・効率化
RPAは指示した業務を24時間休まずに好きな日時に実行できる。手作業で行なっていた業務を最初の設定の手間のみで定期的なルーティンワークを任せられるのだ。

業務のスピードアップに繋がり、スケジュールを短縮できる。

さらに、誰でもできる単純作業をRPAに任せると、人は付加価値を生み出すようなクリエイティブで頭脳を活用する業務に専念できる。特にコミュニケーションを必要とする業務はRPAは担当しにくいため、人の出番だ。

繰り返しのルーティンワークを自動化すれば、企業全体の業務改善にも良い影響が生まれる。

人の仕事を奪うのではなく、本当に大切な仕事のみ人が担当できるようになるのだ。

2. コストカット
残業や作業工程の削減により、結果的にコストカットが期待できる。

RPAの導入コストと導入しない場合の人件費を比較すると導入コストの方が安く、コスト面だけでも導入する価値は充分あるだろう。

さらに、単純作業の業務を人に担当させるには、最初に教育や指導を行う時間と教える側のコストも掛かる。RPAにも導入時の設定は必要だが、退職や転勤して人が変わるとまた教える手間を考えるとRPAの方がコストが掛からない。

また、システム開発や外注費が発生すると考えられていた新たな業務も、RPAの導入により必要がなくなるケースもある。

3. 人的ミスを防ぐ
人が担当する業務には必ずミスが起こる。

時間経過による集中力の低下や、個人の能力によって差があるからだ。さらに、ミスが許されないような慎重な作業や作業量が多い場合は、トラブルの元になる。

RPAは実行したい指示を間違えなければ、人的ミスを起こすことはなくなる。ロボットによる自動化であるため、集中力が低下することはないのだ。

時間のロスや従業員のモチベーション低下などが防げるため、業務品質は向上する。

RPAとAIの組み合わせが業務効率化のカギ


RPAは、ホワイトカラー業務において強力なサポートを行うツールだ。人が行う場合に時間を要する作業でも少ない時間で実行できる。

さらに、集中力が途切れてやり直しが増えることもないため、人的ミスの防止にも有効。

業務管理と自動化のバランスを見ながらの導入をおすすめしたい。

最初から全社で導入するのではなく、まずは検証を行って導入による影響を把握する。そして、部分的に導入をして、徐々に現場に浸透させていく。

問題なく適応できたら全社で導入してみるなど、段階を経た導入のステップを踏んでいくことがRPAの必要性を見極めるためには重要だ。

さらに、RPAで単純作業を効率化する部分と、AIによる業務自体の改善提案や細かい調整の部分を組み合わせて、適材適所でツールを使っていく。

テクノロジーを上手く使いこなせば、人の仕事をバックアップしてくれる頼もしい味方になる。


画像出典元:Shutterstock
印刷ページを表示
WRITTEN by

AI Start Lab 編集部

AI・人工知能のビジネス活用についての情報をさまざまな視点からお伝えしていきます。

AIのビジネス活用に関する
最新情報をお届け

会員登録

会員登録していただくと、最新記事やAI関連のイベント情報を受け取れたり、その他会員限定コンテンツの閲覧が可能です。是非ご登録ください。