How To

AIの活用で乗り切るオフィス内の感染拡大防止策。withコロナに必須

AI Start Lab 編集部 2020.10.29
未だ収まることのない新型コロナウィルス(COVID-19)による感染症。「第二波」「第三波」の懸念も払拭することができない。そうなってしまえば当然、経済への影響も深刻になることが予想される。withコロナという新たな時代に「感染拡大を防ぎながら、経済活動を拡大していくこと」は可能だろうか。その対策として今、人工知能(AI)を活用した感染拡大防止策が注目を集めている。

感染拡大防止の対策は予防と把握


オフィスでの感染拡大防止対策として有効なのは、まず可能な限り入室する前に感染の有無を確認すること、つまりオフィス内にウィルスを持ち込ませないことだ。しかし通勤時や日常生活では、不特定多数の人間と接触せざるを得ないことが多く、また発熱や咳などの症状がなくとも新型コロナウィルスを保菌持っている可能性は否定できない。

そこでオフィス内でも、人が密集することや、不用意な接触を避けたり飛沫が拡散しないようにする対策も重要になる。フェイスシールドやマスクを着用する、アルコールなどでしっかりと手指を消毒する、頻繁に換気をして空気を入れ換える、などが挙げられる。しかし、それでも万が一感染者が出てしまった場合には、その行動経路や濃厚接触者を特定することで、感染の拡大を最小限に抑えなければならない。

AIによるソリューションが活用できる場面


しかし、現実的には難しいこともある。例えば感染者の行動経路を特定しなければならないとすると、防犯カメラの画像チェックをしたことがある人ならご存知だと思うが、特定の人物の行動を1日追いかけるだけでも、その労力は相当なものだ。ましてや2週間分ともなると、それだけで途方もない時間とコストがかかってしまうだろう。

他にもオフィスに入室しようとする人を1人ひとりチェックしたり、次に来るエレベーターに何人乗っているかを予測するなど、人の力だけでは難しい場面に、AIによるソリューションが活躍する。

AI+サーモグラフィーカメラで検温と同時に認証も


オフィス入室時のチェックで一般的なものは、発熱とマスクの有無だ。しかしサーモグラフィーカメラを使い、非接触で温度計測をすることはできても、発熱している人物を個人特定したり、マスクの有無を確認するためには、結局常駐の監視スタッフを配置することになる。マスクを使用していない人や、高熱の疑いがある人が確認された場合、監視スタッフは入室の拒否や注意を促すために、その人物と何らかの接触をしなければならず、その際に感染してしまうようなことがあれば、逆に感染拡大を増長する可能性もあるだろう。そこで活躍するのが、AI検温モニタやAIサーモグラフィカメラだ。

非接触による温度計測と同時に顔認証を行うため、既存のシステムと組み合わせることで、入室パスや勤怠管理に利用することが可能になる。マスク着用のチェックや、異常検出時にブザーで警告し、入室を制御することができる製品もあり、スタッフ以外の人物が来社した際のセキュリティゲートにもなる。工事が不要なタイプであれば、場所を選ばず設置ができ、撤去も簡単なため比較的導入しやすいことも特徴だろう。

AI+監視カメラがオフィス機器のスタンダードになる



防犯カメラなどの映像を解析することができるAIカメラ。入室者や、エリア別の人数を把握できるほか、人が密集することを回避したり、消毒エリアの利用状況や、ユニークなものでは手洗い時間判定なども可能になる。また万が一感染者が確認された場合にも、スタッフの動態管理機能があれば、濃厚接触者の割り出しにも活用できる。

またAIによる画像解析は感染対策だけではなく、動線分析や挙動不審検出、侵入検出もできるので、作業効率化のデータとして利用したり、セキュリティなどにも効果を発揮する。

AI画像解析の難点の一つに、導入ハードルが高いことが挙げられる。だが現在では、あらかじめ様々な業種に対応した多数の学習モデルの中から一致したプランを選んで使用することができる製品が発売されている。

つまり膨大な量のデータをコンピュータに学習させるプロセスを省くことができるため、導入コストや利用開始までの時間を大幅に短縮することが可能になった。今後、感染症防止対策はもちろん、経営判断をするためのオフィス機器として、AIカメラの活用が広がっていくだろう。

このように人と人が同じ場所で安心して仕事をするためにAIは活用が広がっている。人とAIが力を合わせて脅威と戦っていく時代に突入したのではないだろうか。


AIによる顔認証技術を活用した「高速検温付顔認証システム KAOIRO」
LM TOKYO株式会社
https://kaoiro.jp

カメラに繋いですぐに使える 300種類のAI画像解析サービス「OPTIM AI Camera」
株式会社オプティム
https://www.optim.cloud/services/ai-camera/
印刷ページを表示
WRITTEN by

AI Start Lab 編集部

AI・人工知能のビジネス活用についての情報をさまざまな視点からお伝えしていきます。

AIのビジネス活用に関する
最新情報をお届け

会員登録

会員登録していただくと、最新記事やAI関連のイベント情報を受け取れたり、その他会員限定コンテンツの閲覧が可能です。是非ご登録ください。