How To

ヒューマンエラーをゼロに!物流インフラを効率化するAIサービス4選

AI Start Lab 編集部 2021.3.3
いまや誰もがECサイトを利用し、自宅でショッピングを楽しむ時代になった。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、気軽に買い物にでかけることが難しくなった今も、稼働し続ける物流システムが私たちの生活を支えている。

一方で、急速に増える需要に対し、物流インフラを支える働き手の業務負担は増え続けている。サービスの品質を落とさず、現場の負担を減らすため、さまざまなAI技術を活用する動きが広まりつつある。

今回は、フルパッケージでサポートするものから、ポイントを絞ったものまで、4つのAIサービスを紹介する。

物流画像判別AIエンジン



NTTデータが開発した「物流画像判別AIエンジン」は、AIが画像や映像データから商品を自動的に判別し、荷物を仕分けることができるものだ。

ディープラーニング技術を取り入れているため、流通している多様な荷物から、寸法や取り扱い方法、汚れやキズ、破損の有無など、最大1000種類の特徴を自動で判別する。

また、商品の積み込み・積み降ろしや棚卸し業務を、ロボットやドローンで自動化することが可能に。例えば、AIによる判別結果をロボットにインプットすることで、重労働であったトラックへの商品の積み込み・積み降ろしを自動化できる。高所の棚卸し作業でも、物流画像判別AIエンジンを搭載したドローンを活用することができる。

重い荷物の積み降ろしによる身体的負担や、棚卸しでの転落リスクを伴う高所作業を機械化することで、作業者の負担軽減にも役立つだろう。

AMY INSIGHT



画像・映像解析AI「AMY INSIGHT」は、上述したサービスの研究開発に携わったAutomagiが開発したもので、物流の現場でおこるヒューマンエラーを取り除くサービスだ。

膨大な作業量となりミスが発生しやすい入出庫時の検品作業。アパレル商品での活用例を挙げると、タグやパッケージをスマートフォンで撮影するだけで型番などの商品情報をAIが画像認識し、商品マスターデータと紐づけてくれるため、検品時間を約85%削減することができるという。

また、文字認識技術・AI OCRを活用し、手書き入力されたFAXなど、バラバラのフォーマットで寄せられる発注書を、自社フォーマットに自動でデータ化。手入力していた時間を内容の確認に充てられるようになり、取引の入り口である受注工程でのミスを未然に防ぐことができる。

この他にも、人に頼っていた商品の異常チェックや採寸業務に活用でき、ミスの防止や効率化が期待できる。

AI画像判別サービス



NTCが提供するこのサービスは、スマートフォンなどで撮影した画像をAIに学習させ、商品のマスターデータと紐づけておくことで商品が判別できるもの。バーコード類がついていない商品の入出庫や検品といった確認作業に役立てることができる。

実際の使い方は簡単で、スマートフォンやタブレット端末のカメラで撮影するだけ。画像データをAIが判別してくれるので、人の手によるチェックが軽減され、ミスの防止につながる。

特に、パッケージに封入されていない商品や、商品コードやタグがついていないものを多く扱う庫内におすすめしたい。

AIロジレコーダー



AI搭載型次世代ドライブレコーダー「AIロジレコーダー」は、配送時の安心・安全維持を通して、ドライバーを支援するサービスだ。ドライブレコーダー型の専用端末を設置すれば、すぐに利用を開始することができる。

ドライブレコーダーには外向き・内向きに設置されたカメラが搭載されており、映像をリアルタイムでAIが分析。ドライバーの運転のクセを認識し、危険シーンを検出する。

検出される危険シーンは、「わき見」「車間距離不足」「速度超過」「一時不停止」など7つ。検出されたデータは管理者に共有されるため、事故が起こる前の軽度なリスク運転行為を日々発見し、改善に役立てることができる。

安全運転を徹底するだけでなく、データと労働時間を照合することで、ドライバーの負担の把握や労働環境改善などにも役立てることができるだろう。

ヒューマンエラーをゼロに


これまで人手により支えられてきた物流インフラ。業務量の増加のみならず、長時間の単調作業は、ヒューマンエラー発生の温床となっていたのではないだろうか。

自社に必要なサービスを見極め、大きな業務改革ではなくともスモールスタートをきることこそが、物流ビジネスにおいて大きな一歩につながるのではないだろうか。


AIを活用した「物流業務変革コンサルティングサービス」の提供を開始
https://www.nttdata.com/jp/ja/news/release/2017/053100/
AMY INSIGHT
https://www.amy-ai.com/insight/logistics/
【プレスリリース】AI画像判別サービス
https://www.ntc.co.jp/news/news-service/majaringai-ht-pressrelease
AIロジレコーダー
https://lp.f-logi.com/service/logi-reco/

サムネイル画像:Shutterstock
印刷ページを表示
WRITTEN by

AI Start Lab 編集部

AI・人工知能のビジネス活用についての情報をさまざまな視点からお伝えしていきます。

AIのビジネス活用に関する
最新情報をお届け

会員登録

会員登録していただくと、最新記事やAI関連のイベント情報を受け取れたり、その他会員限定コンテンツの閲覧が可能です。是非ご登録ください。