ニュース

映像解析AIによる河川水位監視の自動化サービスが登場

AI Start Lab 編集部 2021.3.24
映像解析AIプラットフォーム「SCORER(スコアラー)」を運営する株式会社フューチャースタンダードは、「画像認識型河川水位監視ソリューション」を発表した。

国土交通省および各地方自治体では、河川カメラや降雨計の設置数を増やしている。一方で、すべてのカメラを目視で監視することは難しく、属人的な対応が課題として挙がっていた。


「画像認識型河川水位監視ソリューション」は、カメラから取得した画像からAIで自動的に水位を判定し、危険水位等の閾値を超えた場合にアラート通知する仕組みを提供することで、河川監視の省力化を支援。既設のカメラ映像から定期的に水位を計測し、河川監視の自動化に貢献していく。

本ソリューションは、「セマンティックセグメンテーション」という画素レベルで何が写っているか識別する深層学習ベースの技術を利用している。自動運転で画像から車道を識別したり、医療分野で病変を識別するのにも利用されており、この技術を河川画像へ応用することで水位を自動で認識。


また、画像認識に利用するモデルは、認識精度を高めるため独自の河川画像データセットを利用して学習を行っているという。

しきい値となる検知水位は、ブラウザ画面からドラッグ&ドロップで簡単に設定が可能。視覚的にも分かりやすい形で設定可能で、一度設定した検知水位を管理者側で再設定することも容易。このサービスに利用している技術は特許出願中だという。

昨今、毎年のように発生する豪雨や大型台風。そしてそれによって起こる土石流や河川氾濫。こうした水害リスクを未然に検知することができれば、人的被害の抑止にもつながる。AIにより河川水位を検知する本ソリューションの普及・拡大が待たれるところだ。


印刷ページを表示
WRITTEN by

AI Start Lab 編集部

AI・人工知能のビジネス活用についての情報をさまざまな視点からお伝えしていきます。

AIのビジネス活用に関する
最新情報をお届け

会員登録

会員登録していただくと、最新記事やAI関連のイベント情報を受け取れたり、その他会員限定コンテンツの閲覧が可能です。是非ご登録ください。