ニュース

コロナ渦でのオンライン会議に臨場感を。アイリスオーヤマ、AI搭載のホワイトボードを発売

AI Start Lab 編集部 2021.4.3
家電や生活用品を販売するアイリスオーヤマ株式会社は、オンライン会議やオンライン授業が当たり前になる社会に対応するため、より臨場感のある会議や授業環境を提供する「AIインタラクティブホワイトボード」4機種を3月19日より企業、教育機関向けに発売を開始した。

「AIインタラクティブホワイトボード」は、より臨場感を感じられる機能を多数搭載している。まず、高精細4Kプロフェッショナルカメラを内蔵していること。一般的なWEBカメラでは伝わりにくかった参加者の細かい表情を捉えられ、12個の高性能マイクにより、リアルな音声を伝えられる。


また、専用アプリケーションと接続することでスマートフォンやタブレット、パソコンなど最大20台の機器と接続可能。リアルタイムに資料を共有しながら相互で操作を行える。

さらに、AIノイズキャンセリング機能により、オープンスペースでのオンライン会議でも、集音範囲内のみの音声を拾って外部の音を遮断するため、周囲の音を気にせず快適に会議を進行できる。


さらに、ホワイトボードのペン反応速度は、一般的なデジタルホワイトボートと比較しても遅延が少なく、まるで手書きをしているようななめらかでストレスのない書き心地。またAIによるデジタル変換機能により、手書きの文字や図形、フローチャートをデジタルデータとして認識・変換することもできるという。フリック/ズームイン/ズームアウト/削除などの操作を、感覚的に作業するジェスター認識も搭載している。


加えて「AIインタラクティブホワイトボードPRO」の2機種では、内蔵したAIが声の位置を特定し、自動で発言者の顔をクローズアップできる。誰が話しているかを画面越しでも一目で分かり、より臨場感のある会議が可能に。


2020年からの新型コロナウイルス感染拡大を受け、企業では時差出勤やテレワーク、教育機関においては一斉休校などにより、オンライン会議やオンライン授業の実施が加速している。

そうした背景の中で同製品を活用すれば、通信環境さえあればいつでもどこでも会議や授業に参加できるため、新型コロナウイルスが収束した後も新しい働き方や学び方のツールとして定着していくことが期待される。


アイリスオーヤマ株式会社 | IRIS OHYAMA Inc.
https://www.irisohyama.co.jp/
PR TIMESリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000388.000019955.html

印刷ページを表示
WRITTEN by

AI Start Lab 編集部

AI・人工知能のビジネス活用についての情報をさまざまな視点からお伝えしていきます。

AIのビジネス活用に関する
最新情報をお届け

会員登録

会員登録していただくと、最新記事やAI関連のイベント情報を受け取れたり、その他会員限定コンテンツの閲覧が可能です。是非ご登録ください。