ニュース

渋谷区のスポーツクラブが「スポーツジム専用AI監視」で安全管理を実施へ

AI Start Lab 編集部 2021.4.29
「AI×フィットネス」の株式会社Opt Fitは、日本初となる「スポーツジム専用AI監視」で安全管理ができるシステム「GYMDX」を開発。2021年5月6日より「A-1スポーツクラブ笹塚店」にて使用されると発表した。

スポーツジムに特化した独自のAIアルゴリズムを採用している「GYMDX」。ジム内に専用カメラを設置して、ジム運営にAIを活用することで、人間が人間にしかできない業務に集中し、スポーツジム経営の円滑化を図っていくという。

主な機能


AI監視(自動危険感知)



倒れている会員や動かない会員を検知してリアルタイムでスタッフに通知。施設外にいるスタッフにも通知が可能で、検知した動向を映像でチェックできる。これにより監視業務コストの削減が可能に。

器具利用率分析(顧客動向分析)



1台ごとに器具の利用率を把握できる。不要な器具や増台すべき器具の判断だけでなく、店舗間での器具の入れ替えや新店を出す際の参考データとしても活用できる。

AIと連携した会員専用アプリ



アプリからジムエリアの混雑状況を把握できる。加えて、利用したい器具のQRコードを読み取るだけで対象器具のトレーニング記録を残せたり、おすすめのトレーニング方法を確認できる。トレーニング記録はスタッフ側も把握できるため記録にもとづいて会員へ声がけすることで、会員の満足度向上にもつながる。


すでにA-1スポーツクラブを含む数社にて先行モニター導入が決まっており、Opt Fitは今後もスポーツクラブや公営のスポーツジムへの導入を目指していくという。

また導入したスポーツジムにおいては、データ分析を継続的に行い、AI精度を高めたり、新機能の開発を順次行なっていくという。


プレスリリース

印刷ページを表示
WRITTEN by

AI Start Lab 編集部

AI・人工知能のビジネス活用についての情報をさまざまな視点からお伝えしていきます。

AIのビジネス活用に関する
最新情報をお届け

会員登録

会員登録していただくと、最新記事やAI関連のイベント情報を受け取れたり、その他会員限定コンテンツの閲覧が可能です。是非ご登録ください。