ニュース

東大発AIベンチャー、荷物の大きさ自動計測するシステムを開発

AI Start Lab 編集部 2021.6.7
最先端のAI・ロボティクスの技術を活用したソリューション提供を行うTRUST SMITHグループ傘下の企業である、SMITH&LOGISTICS株式会社は、「荷物の大きさを自動で計測するシステム」の提供を開始した。


近年、労働人口の減少に伴って、運送業界における人材確保の課題は年々深刻化している。その一方で、新型コロナウイルスの影響によって「巣篭もり生活」を余儀なくされていることもあり、ネットショッピングの需要はますます高まり、小口配送は増加傾向にある。

物流現場では荷姿の異なるアイテムのサイズを正確に計測する必要があるため、手作業での採寸が行われている。しかしこの作業は、作業効率の低下、採寸精度の低下を引き起こす可能性があると考えられている。

そこでSMITH&LOGISTICSは「荷物の大きさを自動で計測するシステム」を開発。本技術は「ドライブレコーダーの個人情報を取り除くAI」で培った画像認識技術や、自動運転の研究開発で培った物体認識の技術を応用することにより、開発に成功した。


本技術は、センサーがアイテムの形を点群データとして読みとり、画像処理技術や高速計算アルゴリズムを活用することによって、荷物の大きさを自動で計測するというものだ。具体的には大きく2つの特徴を持つ。

①スピーディーで高精度なサイズ計測

従来のシステムは取得した画像データの解析に時間がかかり、実用レベルでの導入が難しかったが、本技術は高速計算アルゴリズムを活用することにより解析時間を大幅に短縮することに成功した。

②計測した結果をデータ化

読み取った荷物の大きさのデータは、導入先の基幹システムで管理することができるほか、ラベルの読み取り自動化システムとの組み合わせにより、より広範な荷物の自動読み取り・検修も可能。


取り扱う荷物の大きさや種類、量に加えて、現場での光量やスペースに基づいて読み取り場所の検討やカメラ台数の調整も行うことも可能。

今回の「荷物の大きさを自動で計測するシステム」に留まらず将来的には、パレタイジングロボットへの応用や、特定の空間内において最適に荷物を配置するアルゴリズムの開発を目指すという。


プレスリリース
印刷ページを表示
WRITTEN by

AI Start Lab 編集部

AI・人工知能のビジネス活用についての情報をさまざまな視点からお伝えしていきます。

AIのビジネス活用に関する
最新情報をお届け

会員登録

会員登録していただくと、最新記事やAI関連のイベント情報を受け取れたり、その他会員限定コンテンツの閲覧が可能です。是非ご登録ください。