ニュース

ローソンで値引き額をレコメンドするAIの実証実験がスタート

AI Start Lab 編集部 2021.6.30
株式会社ローソンは、食品ロスの削減に向け、店舗ごとの天候・販売などのデータを元にAIで算出した商品ごとの値引き推奨額を提示する実証実験を、6月22日より東北地区の一部店舗で開始した。

今回の実験では、消費期限が短く比較的食品ロスの発生リスクの高い弁当・おにぎり・寿司・調理パンカテゴリーにおいて、店舗ごとにその日の在庫数などの状況に応じた値引き額をAIが推奨する。

値引き額提示のイメージ

ローソンは、設立当初より店舗で自由に値引き販売が実施できるよう、POSレジに値引きキーがあり、値引きシールの消耗品登録も行ってきた。また、店内調理のファストフーズや厨房商品などの値引き販売を推奨。現在、全体の約8割の店舗で値引き販売を実施しているという(2020年度実績)。

しかし、これまでは、店舗ごとの判断で値引き時間や値引き額、対象商品などを決定しており、経験に頼る部分が大きかった。AIを活用した仕組みを導入する事で、より簡易に、より効果的に値引き販売を行うことができるようになるという。

今回の実験結果をふまえ、2023年度中の全店での導入を目指していく。

発注精度を高めるため、2015年よりAIを活用し店舗の販売力に応じた発注数の推奨を行うセミオート発注を導入しており、それにつづくAIの導入となる。


プレスリリース
印刷ページを表示
WRITTEN by

AI Start Lab 編集部

AI・人工知能のビジネス活用についての情報をさまざまな視点からお伝えしていきます。

AIのビジネス活用に関する
最新情報をお届け

会員登録

会員登録していただくと、最新記事やAI関連のイベント情報を受け取れたり、その他会員限定コンテンツの閲覧が可能です。是非ご登録ください。