ニュース

動画解析BIツール「Label Note」、AIが動画内の行動や事象、生体反応を正確にタグ付け。

AI Start Lab 編集部 2021.7.12
AIのビジネス適用、ソフトウェア開発を行う株式会社インテージテクノスフィアは、動画解析BIツール「Label Note(ラベルノート)」をリリースした。

このラベルノートは、AIにより動画を分析し、行動や事象、生体反応などにタグ(目印)を付けることで、動画に含まれる情報のデジタル化・定量化を実現。ありふれた情報を価値あるデータに昇華させることができるソリューションとなっている。

複数の動画を横並びで表示する機能、動画中の行動や事象をラベルごとに視聴したいシーンのみ閲覧する機能、動画の再生タイミングに合わせてプラットフォーム上でコミュニケーションを可能にする機能など、多数の特長を備えている。

これまで多大な労力を要していた動画の解析を簡略化することで行動や事象を短時間で捉えられるため、生産性向上への貢献が期待される。また、ファクトベースの動画を収集、解析することで、潜在的な行動を洗い出し、未充足のニーズを発掘することも可能。

ラベルノートの具体的活用例としては、以下が挙げられるとしている。

  •  熟練者と初心者の作業を動画解析。教育マニュアルの策定に利用する
  • 料理の動画を撮影し、使用する器具や材料、費やす時間を可視化。商品開発の材料に。
  • 運転者、外、前席の3つの映像で同時に再生。行動を定量化し、車体の新機能の開発へ
  • 交通量調査の定量化、車と交通インフラをつなげるシステムの開発へ
  • 小売店舗にカメラを設置。消費者の行動を可視化することで、キャンペーンの評価に利用
  • 展示会などで来場者を撮影することで導線を定量化し、コンテンツやブースの配置を改善


プレスリリース

印刷ページを表示
WRITTEN by

AI Start Lab 編集部

AI・人工知能のビジネス活用についての情報をさまざまな視点からお伝えしていきます。

AIのビジネス活用に関する
最新情報をお届け

会員登録

会員登録していただくと、最新記事やAI関連のイベント情報を受け取れたり、その他会員限定コンテンツの閲覧が可能です。是非ご登録ください。