ニュース

ソフトバンク、AI映像解析プラットフォーム「STAION」を2021年度中に提供開始

AI Start Lab 編集部 2021.10.1
ソフトバンク株式会社(以下「ソフトバンク」)は、AIで解析したカメラ映像を多様な用途で活用できるAI映像解析プラットフォーム「STAION(スタイオン)」の提供を、2021年度中に開始することを発表した。


また、これに伴い、「STAION」で利用できる各種サービスやカメラ、カメラ映像をエッジ処理するAI映像解析機器を提供・開発するパートナー企業を2021年9月21日から募集し、「STAION」を基盤としたサービス開発やパートナー企業同士の共創を促進する、「STAIONパートナープログラム」を開始する。

「STAION」は、業務の自動化・効率化や、生産性・安全性の向上、マーケティング、人流分析、見守り、防犯などの多様な用途を想定して、ソフトバンクが「Microsoft Azure」を基盤に独自に開発したプラットフォームだ。

AI映像解析機器を一括管理・運用することが可能で、「STAION」と連携するAI映像解析機器とネットワークカメラ※1を接続させたり、「STAION」と連携するAIカメラ※2を活用したりすることで、AIによるカメラ映像の解析結果を活用した各種サービスを、「STAION」を通して利用することができる。

店内の商品の欠品・空席や工場での不良品、危険な行動、車両番号を検知するサービスや、来場者の人数や人物の年齢・性別を分析するサービス、顔認証技術を活用したサービスなど、さまざまな業界で活用できるものをパートナー企業と共創していく。なお、パナソニックi-PROセンシングソリューションズ株式会社が提供するi-PROブランドのAIカメラやネットワークカメラは、「STAION」と連携することがすでに決定している。


また、「STAION」を映像解析の総合ソリューションとして提供するために、ソフトバンクの子会社であるSBエンジニアリング株式会社がカメラやAI映像解析機器の配置の設計・設置・調整・保守を行う。

「STAION」の提供開始当初は、小売業界向けに、顧客の年齢や属性に応じてサイネージのコンテンツを自動で切り替えるサービスや、陳列棚の品切れを自動で検知してスタッフに通知するサービス、入店人数やレジの待機人数、精算にかかる時間などを分析して、将来のレジの待機人数を予測するサービスなどを提供する予定だ。また、医療施設や介護施設向けには、定期巡回業務の軽減などを目的に、施設利用者の転倒を検知して自動でスタッフに通知するサービスなどの提供を想定している。工場や駅、空港などで活用できるサービスも順次追加するという。

ソフトバンクは、「Beyond Carrier」戦略の下、従来の通信事業者の枠を超えて、幅広い産業分野における革新的なサービスの提供や、他社との共創によるDX(デジタルトランスフォーメーション)の取り組みに注力している。ソフトバンクは、「STAION」のプラットフォーム構築を通して、カメラ映像の解析に必要な環境やデバイス、解析結果を活用した多種多様なサービスをワンストップで提供し、あらゆる産業における課題解決や事業価値の拡大に貢献することを目指す。

※1撮影した映像などを遠隔でリアルタイムで確認できるカメラ。「STAION」に対応するのは、ネットワークカメラのインターフェースの標準化フォーラムであるONVIF(Open Network Video Interface Forum)が定める規格に準拠したカメラに限リます。
※2 AIチップとAIアルゴリズムが搭載されたネットワークカメラ。


プレスリリース
https://www.softbank.jp/corp/news/press/sbkk/2021/20210921_01/

印刷ページを表示
WRITTEN by

AI Start Lab 編集部

AI・人工知能のビジネス活用についての情報をさまざまな視点からお伝えしていきます。

AIのビジネス活用に関する
最新情報をお届け

会員登録

会員登録していただくと、最新記事やAI関連のイベント情報を受け取れたり、その他会員限定コンテンツの閲覧が可能です。是非ご登録ください。