ニュース

フューチャースタンダード、群衆検知AIの利用が可能なデモサイト公開。傘をさしている人数のカウントも可能に

AI Start Lab 編集部 2021.10.4
映像解析AIプラットフォーム「SCORER(スコアラー)」を運営する株式会社フューチャースタンダードは、群衆検知AIアルゴリズムをモデル実装した「CROWD DETECTION DEMO SITE」の提供を開始した。

このサイトは無償で利用でき、任意の画像をアップロードするだけで画像内の人数を自動で計測。また新しい解析手法により、傘などの物体により全身が映っていない画像でも人数計測が可能である。

フューチャースタンダードが提供する「群衆検知ソリューション」は、人の頭部をカウントするアルゴリズムを映像解析AIプラットフォーム「SCORER」に実装することで、従来の技術では実現できなかった多人数の検知を可能にした画期的なサービス。

今回、アルゴリズムに更なる改良を加えたモデルを無償で利用できるWebサイトをオープン。サイトを活用することで、群衆検知アルゴリズムの検証や各種イベント来場人数の可視化が手軽に行えるようになる(静止画限定)。

また、従来の人体頭部を検出するアルゴリズムに新たに人体検知のアルゴリズムを組み合わせ、複合的に解析を行うことで、傘などの障害物で頭部が検出できない画像でもカウントすることが可能になった。画像認識技術により晴天雨天ともに計測ができるモデルは世界初の提供となる。

 解析サンプル


解析前後の比較は以下の通り。


人体頭部:黄色のボックス
傘で全身が隠れている人:青のボックス
傘で頭部が隠れている人:赤のボックス

従来の手法に加えて、人体の一部が傘などから見えている場合、1名としてカウントすることができる。これにより、今まで解析が難しかった雨天時の人数計測の精度が大幅に向上した。


今回のデモサイトでは、イベント来場人数や施設の混雑状況の可視化に利用することができ、数十人から数千人の規模まで、多様な場面で利用が可能だ。



PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000080.000017039.html

印刷ページを表示
WRITTEN by

AI Start Lab 編集部

AI・人工知能のビジネス活用についての情報をさまざまな視点からお伝えしていきます。

AIのビジネス活用に関する
最新情報をお届け

会員登録

会員登録していただくと、最新記事やAI関連のイベント情報を受け取れたり、その他会員限定コンテンツの閲覧が可能です。是非ご登録ください。