ニュース

フリューとNTTドコモ、5Gと画像認識AIを活用した、未来の“プリ機”の実証実験を開始

AI Start Lab 編集部 2021.10.15
プリントシール事業、いわゆる“プリ機”の企画・販売を手がけるフリュー株式会社(以下、フリュー)と、株式会社NTTドコモは、プリントシール(以下、プリ)機における5Gと画像認識AIを活用した共同実証実験の実施を開始した。

両社は5G通信を活用することで、プリ機において従来よりも高画質な画像を遅延なく高速にユーザーに届けることが可能であることを検証する実験を2020年2月に実施。

第2弾となる今回は、5GとAI画像認識技術を活用し、高速・大容量・低遅延といった5Gの特徴を活かしつつ、AI画像認識によるプリ機の新たな顧客体験価値提供の可能性を検証する。

本実証実験では、AI顔認証ソフトウェア「SAFR®」を搭載したプリ機が、撮影をしたユーザー1人1人の顔画像から、初回利用ユーザーか再訪ユーザーかを識別。再訪ユーザーには、肌質・目鼻のバランス・輪郭など前回撮影時の設定(“おすすめの盛り方”)を提案することで、プリ機が“自分”を認識してくれるという新たな体験価値をユーザーに提供していく。

また、撮影したプリの画像は、第1弾と同様に、5Gを活用し高画質な画像を遅延なくユーザーへ提供する。将来的にはAIを搭載したプリ機が、ユーザー個人を認識し専用にカスタムしたサービスを提供可能になる、そんな“未来のプリ”の可能性を検証していくという。


プレスリリース
https://www.furyu.jp/news/2021/09/docomoxfuryu/

印刷ページを表示
WRITTEN by

AI Start Lab 編集部

AI・人工知能のビジネス活用についての情報をさまざまな視点からお伝えしていきます。

AIのビジネス活用に関する
最新情報をお届け

会員登録

会員登録していただくと、最新記事やAI関連のイベント情報を受け取れたり、その他会員限定コンテンツの閲覧が可能です。是非ご登録ください。