ニュース

オプティム「OPTiM AI Camera」、API利用ライセンスの無償トライアルを提供

AI Start Lab 編集部 2021.10.19
株式会社オプティムは、「OPTiM AI Camera」のAPIを介して連携する、各種サービス(アプリケーション・システムなど)の開発を検討する方に向けて、API利用ライセンスを無償トライアル提供することを発表した。

オプティムでは「OPTiM AI Camera」とAPIを介して連携するサービス(以下 API連携サービス)の開発を行う方にAPI利用ライセンスを提供しており、API利用ライセンスを利用することで、人数カウントや混雑状況可視化画像などの機能を備えたサービスの開発が容易になる。

このAPI利用ライセンスを、2021年12月28日までに問い合わせた方に、1カ月間無償で提供する。

「OPTiM AI Camera」のAPI連携とは



「OPTiM AI Camera」は、既設の監視カメラを活用し、クラウドで画像解析を行うAI画像解析サービスであり、検知人数や混雑状況可視化画像を取得することができる。

API連携では、「OPTiM AI Camera」の取得情報を、APIを介してアプリケーションやシステムに提供。これにより、連携先のアプリケーションやシステムでは、「OPTiM AI Camera」の検知人数や混雑状況可視化画像を、任意の形式で表示することが可能となる。

API連携事例


1. 宿泊施設の混雑可視化



「OPTiM AI Camera」で解析した混雑情報と、宿泊施設に導入されているVODシステムなどと連携することで、安心・安全・快適に宿泊施設を利用いただけるように。

VOD:Video On Demandの略。利用者が見たい時にさまざまな映像コンテンツの配信を受け視聴できるサービス。

2. 空調制御システムの省エネ化



「OPTiM AI Camera」で解析した混雑情報と、各施設に導入されている空調制御システムを連携することで、空間の状況に応じた空調制御が可能になり、省エネ化を推進できる。

3. 飲食スペースの混雑可視化



「OPTiM AI Camera」で解析した匿名化された画像を、混雑状況可視化システムと連携。人数の情報に加えて、空間の状況をプライバシーに配慮しながら空間の画像を公開できる。


プレスリリース
https://www.optim.co.jp/newsdetail/20211018-pressrelease-01

印刷ページを表示
WRITTEN by

AI Start Lab 編集部

AI・人工知能のビジネス活用についての情報をさまざまな視点からお伝えしていきます。

AIのビジネス活用に関する
最新情報をお届け

会員登録

会員登録していただくと、最新記事やAI関連のイベント情報を受け取れたり、その他会員限定コンテンツの閲覧が可能です。是非ご登録ください。