ニュース

秋葉原の飲食店の空席がひと目でわかる!「AKIBAのアキバ」にAI画像解析サービス 「OPTiM AI Camera」提供

AI Start Lab 編集部 2021.11.15

秋葉原の参加飲食店の空席状況が、特設サイトで公開


東京都が推進する「東京データプラットフォーム ケーススタディ事業」の一環として行われているプロジェクト『都内飲食店における「混雑・予約データ」等の活用による自動集客化サービスへの取組』の実証実験として、2021年11月15日より秋葉原の飲食店の混雑や空席状況を発信する「AKIBAのアキバ」がスタートした。

「AKIBAのアキバ」では、株式会社ぐるなびが提供する飲食店の混雑状況をリアルタイムに発信するサービス「飲食店LIVEカメラ」や、凸版印刷株式会社が提供する施設の混雑状況を表示するサービス「nomachi(ノマチ)」を活用し、カメラやセンサーによる混雑状況と、ぐるなび台帳などによる予約情報をかけ合わせて、「AKIBAのアキバ」特設サイトなどで飲食店の空席状況などの店内情報をリアルタイムに発信する。

さらに、集客に役立てるため空席時のみ発行可能な「ライブクーポン」機能や、予約リクエストを送信し15分間だけ希望人数分の席を押さえることができる「席キープ」機能を搭載。

飲食店への送客拡大や、ユーザーが安心安全に外食を楽しむための環境整備を行い、飲食店・ユーザー双方に新たな価値を提供する。今後は秋葉原エリアのサイネージなどを活用して認知拡大に努め、2022年1月下旬まで実証実験を行う予定となっている。

ぐるなび「飲食店LIVEカメラ」を支える「OPTiM AI Camera」

OPTiM AI Camera」による混雑状況可視化。人物を匿名化した画像を公開できる

今回の実証実験で活用されているのが、ぐるなびが提供する「飲食店LIVEカメラ」。飲食店にカメラを設置し、店内の様子を撮影。撮影された画像をAIが解析し、自動判別で人物を匿名化する。

匿名化した画像を「飲食店LIVEカメラ」特設サイト上に1分おきに更新して表示することで、混雑状況をリアルタイムに発信するサービスで、取得した画像データは個人が特定できないよう適切に処理され、使用後は破棄されている。

この「飲食店LIVEカメラ」の仕組みは、オプティム のサービス「OPTiM AI Camera」が提供しているもの。既設の監視カメラを活用し、クラウドで画像解析を行うAI画像解析サービスのため、画像解析のための専用ハードウェア導入が不要で、手軽に導入できるサービスだ。「飲食店LIVEカメラ」に提供されている混雑状況可視化機能のほかにも、人数カウントによる混雑状況の表示、混雑時間帯予測などの機能があり、デジタルマーケティングや感染症対策を支援する。

「OPTiM AI Camera」についての詳細はこちら


■「AKIBAのアキバ」概要
実施期間:2021年11月15日~2022年1月下旬(予定)
特設サイト:https://gotip.gnavi.co.jp/akibanoakiba/
実施企業:株式会社ぐるなび
協力企業:凸版印刷株式会社、株式会社オプティム

■「東京データプラットフォーム ケーススタディ事業」について
東京都では、行政や民間などのデータを掛け合わせて活用し、新型コロナウイルス感染症防止対策をはじめ、データの力で社会的課題の解決や、都民の生活の質向上に資する取組を推進する事業。
https://www.tdpf-casestudy.metro.tokyo.lg.jp/

印刷ページを表示
WRITTEN by

AI Start Lab 編集部

AI・人工知能のビジネス活用についての情報をさまざまな視点からお伝えしていきます。

AIのビジネス活用に関する
最新情報をお届け

会員登録

会員登録していただくと、最新記事やAI関連のイベント情報を受け取れたり、その他会員限定コンテンツの閲覧が可能です。是非ご登録ください。