ニュース

Laboro.AI、画像・映像から個数を効率的にカウントする「物体カウントソリューション 」をリリース

AI Start Lab 編集部 2022.1.6
オーダーメイドによるAI・人工知能ソリューション『カスタムAI』の開発・提供などを行う株式会社Laboro.AIが、画像認識AIの作成時に課題となるアノテーションによるデータ作成の作業負荷を下げ、画像・映像中に映っている対象物の個数をカウントするほか、大まかな位置や座標を取得することを目指したAIソリューション『物体カウントソリューション』をリリースしたと発表した。



「物体カウントソリューション」は、物体の個数カウントといった問題設定にタスクを限定することで、一般的な画像認識AIで必要となるアノテーションの作業負荷を低減することを企図したもの。なお、「物体カウントソリューション」は汎用化されたソリューションとしてではなく、個社ごとにオーダーメイド開発することを通して提供する。

活用シーン


  • 施設・会場での来場者数の把握
  • 農作物の収穫量や家畜頭数の把握
  • 工場や物流現場での在庫数の把握

ポイント


  • 導入時のフルサポート
AI・機械学習技術は、導入の初期段階からに専門的知見が必要になり、導入ハードルが高い技術の一つ。本ソリューションの提供に当たっては、Laboro.AI独自人材であるソリューションデザイナによるコンサルティングを実施することを通して、ビジネス活用にあたっての議論やデータ選定の段階からフルサポート。

  • 最先端アルゴリズムの活用
アカデミア(学術界)の先端研究をキャッチアップした上で、求める成果に即した最適なアルゴリズムや手法を活用し、ビジネス成果につながるAIソリューションとして提供。

  • 柔軟な教師データの活用
求めるビジネス成果に合わせた最適な教師データを活用し、ソリューションの効果を最大限に発揮。




参考:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000020.000027192.html

印刷ページを表示
WRITTEN by

AI Start Lab 編集部

AI・人工知能のビジネス活用についての情報をさまざまな視点からお伝えしていきます。

AIのビジネス活用に関する
最新情報をお届け

会員登録

会員登録していただくと、最新記事やAI関連のイベント情報を受け取れたり、その他会員限定コンテンツの閲覧が可能です。是非ご登録ください。