ニュース

NEC、次世代コロナワクチン開発へ。AI技術で有効な抗原を探索

AI Start Lab 編集部 2022.4.22
NECは4月8日、自社のAI技術を生かし、新型コロナウイルスを含む「ベータコロナウイルス属全般」に対するワクチン開発に取り組むことを発表した。

このプロジェクトは、ワクチン開発を担う製薬企業や研究機関に資金を拠出する国際基金「感染症流行対策イノベーション連合」(CEPI)のプロジェクトとして採択されたものである。

NEC、感染症流行対策イノベーション連合(CEPI)の次世代ワクチン開発プロジェクトに採択。日本企業では初


NECは、ノルウェーに本拠を置く子会社NEC OncoImmunity(NECオンコイミュニティ)を通じて、欧州ワクチンイニシアチブやオスロ大学病院などの研究コンソーシアムを主導し、広範なベータコロナウイルス属に対するmRNAワクチンの設計、およびコンセプト実証を行うプロジェクトを開始する。


なおNECは、日本企業で初めてCEPIからパートナーに選ばれ、CEPIはシードファンド(初期段階の投資)として最大480万ドル(約6億円)を拠出するという。

CEPIではこの先、再び世界がパンデミックの脅威にさらされた際に「100日間」で安全で効果的なワクチンを得ることを目標に、さまざまなプロジェクトを支援することを発表している。

NEC 取締役会長の遠藤信博氏は、AIによる創薬についてこうコメントを寄せた。

「当社では、20年以上前からAIによる創薬に取り組み、粛々と研究開発を続けてきた。その結果、創薬を事業にできそうだというめどが立ったことから、2019年に定款を変更し、創薬を事業として取り組む決意をした。実際に薬品が誕生するまでには時間がかかるため、薬として提供されるのはこれからのことになるが、創薬事業は人間社会への貢献であり、今後重要な柱に仕立てていきたい」。

画像:Shutterstock


NEC 創薬事業
https://jpn.nec.com/solution/ai-drug/index.html

印刷ページを表示
WRITTEN by

AI Start Lab 編集部

AI・人工知能のビジネス活用についての情報をさまざまな視点からお伝えしていきます。

AIのビジネス活用に関する
最新情報をお届け

会員登録

会員登録していただくと、最新記事やAI関連のイベント情報を受け取れたり、その他会員限定コンテンツの閲覧が可能です。是非ご登録ください。