ニュース

【見逃し配信中】withコロナでのAI・IoTの活用方法を探る〜OPTiM INNOVATION2020レポート

AI Start Lab 編集部 2020.11.3

2020年10月26日~27日に開催されたオンラインイベントOPTiM INNOVATION 2020」のウェブセッションが、2020年11月20日(金)15時まで見逃し配信中。

なかでもハイライトをまとめた「ハイライトセッション」は、すぐ取り入れられるAIを使った3密対策のサービス紹介や、テレワークの課題解決のためのヒントを紹介する必見の講演となっている。

■「OPTiM INNOVATION 2020 ハイライトセッション」見逃し配信
期間:2020年11月20日(金)まで
イベントURL:https://www.optim.co.jp/innovation2020/
上記URLから申し込みができます。

<ソリューション編>
AIを使った3密対策の決定版誕生!?/コロナ禍で現地に行けない!そんな時は、遠隔作業支援!/人事担当者のテレワークの実態、本音トーク!/「Optimal Biz」でGIGAスクール対策/コロナ禍でのオンライン診療の取り組み
<インダストリー編>
建設業界のDX最前線!/最新スマート農業テクノロジー公開!/国産初手術支援ロボの全貌に迫る!/OPTiM、パートナーと創る未来!

すぐにビジネス活用できるAI・IoTソリューションや、AI・IoTの最新活用事例などを紹介する2日間のオンラインイベントとして、「OPTiM INNOVATION 2020」が10月26日~27日に開催された。

これはAI・IoT・ビッグデータプラットフォームのマーケットリーダーである株式会社オプティムが開催するオンラインイベント。

今般の新型コロナウイルスの影響により冷え込んでいるさまざまな分野の経済活動を活性化させるべく、「今、感染拡大を防ぎながら、経済活動を活発化させるためにAI・IoTができること」をテーマとして開催された。

AIのビジネス活用やDX、業務のデジタルシフトに関するヒントが満載だったウェビナー


このなかで、AIをビジネスに活用する視点や、DX、業務のデジタルシフトに関する注目のウェビナーを紹介する。

川重社長も登場した「ハイライトセッション」



ハイライトセッションは、イベントで配信された各ウェビナーのダイジェスト的な内容で、注目ポイントの紹介が行われた。

<ソリューション編>では、AIを利用した3密対策のサービスや、スマートグラスを活用した遠隔作業支援のサービス、有名企業の人事担当者が語るテレワークの実態と対策など、withコロナでのビジネスに役立つ実践的な情報が数多く紹介された。

<インダストリー編>では、国産初の手術支援ロボット「hinotori」を開発したメディカロイド社長・浅野 薫氏や、川崎重工業株式会社の新社長・橋本 康彦氏を迎えたセッションも。AIやロボットの活用の未来が語られる。

このハイライトセッションは、2020年11月6日(金)15時より、YouTube Liveにて再放送される。ぜひ、視聴してほしい。

■「OPTiM INNOVATION 2020 ハイライトセッション」見逃し配信
期間:2020年11月20日(金)まで
イベントURL:https://www.optim.co.jp/innovation2020/
上記URLから申し込みができます。

ここからはイベントで配信されたウェビナーのなかでも注目のものを紹介する。これらウェビナーの内容は後日詳しくレポートする予定だ。

テレワークの悩みを解決するツールは今後AIの活用も



テレワークが求められるWithコロナ時代。「Optimal Biz Telework 〜New Normal Work Style〜」と題された講演では、100社以上との対談内容を踏まえて独自に分析をした「テレワークに関する課題」とその「解決へのヒント」、さらにテレワークの課題をクリアし、有効活用するための管理ツール「Optimal Biz Telework」についてデモを交えながら紹介。今後、ツールにはAIも導入され、理想的な働き方の提示なども可能になるという。

“AIの見える化”によるコロナウイルス対策



三菱電機株式会社と株式会社カナデンの担当者が登壇したこのウェビナーでは、オプティムが提供する新型コロナ対策のための「AI camera」を活用したソリューションと、ネットワークカメラやサイネージなど、三菱電機の映像・音声デバイスとの連携を紹介。

商業施設やオフィスビルなどで活用できる、感染対策の実例がさまざま示されていた。

WITH/AFTERコロナでのAI活用



新型コロナウイルスの影響によって、自治体・企業・個人にデジタルシフトが加速している。このウェビナーでは、コロナ時代に求められる「足元のWITHコロナの活用事例」と「中長期的なAFTERコロナでのAI活用の未来」を紹介。とくに、長期的な視点に立てば、コロナ対策で進めたデジタル化により、取得したデータをマーケティングや事業に活用する視点が重要になってくるとの内容になっている。

ほかにもコロナ禍における使命、エンジニアとしてのルーツなど新社長の実像(リアル)に迫る「川崎重工業 橋本新社長と描くロボットとAIの未来」など、さまざまなウェビナーが行われた。

これらのウェビナーも2020年11月20日(金)まで見逃し配信中。
下記イベントサイトからの申し込みで視聴できる。

■「OPTiM INNOVATION 2020 」見逃し配信
https://www.optim.co.jp/innovation2020/

本サイトでもウェビナーの詳しい内容を随時公開していく予定なので、注目してほしい。

印刷ページを表示
WRITTEN by

AI Start Lab 編集部

AI・人工知能のビジネス活用についての情報をさまざまな視点からお伝えしていきます。

AIのビジネス活用に関する
最新情報をお届け

会員登録

会員登録していただくと、最新記事やAI関連のイベント情報を受け取れたり、その他会員限定コンテンツの閲覧が可能です。是非ご登録ください。