ニュース

AI石礫検出システム「グラッチェ」が国土交通省の「NETIS」に登録

AI Start Lab 編集部 2022.6.22
株式会社スカイマティクスと株式会社オリエンタルコンサルタンツが共同開発したAI石礫検出システム「グラッチェ」が、国土交通省の新技術情報提供システム「NETIS(New Technology Information System)」に登録された。

砂防堰堤巨礫調査、巨礫賦存量の把握、粒径調査など、国や地方公共団体が実施する砂防現場におけるさまざまな調査で「グラッチェ」を活用してもらうことで、現地調査の安全性と生産性を向上をしていく。

NETIS(New Technology Information System)


「NETIS」は、民間企業等を対象に、公共事業が抱えるさまざまな課題を解決する新技術を募集して、その情報をインターネット上に公開する検索データベースシステム。

国や地方自治体が発注元となる公共事業全般にかかわる新技術を分類別に検索できるのが特長で、登録された技術を使用した施工者には工事成績評定が加算される。

礫径の判読作業にAIの自動判読技術を適用


「グラッチェ」は、UAV等で取得した高解像度の撮影画像を用いた礫径の判読作業に、AIによる自動判読技術を適用したDXシステム。


現在は、砂防事業の高度化・効率化を目標に、国土交通省の複数の砂防事務所が業務で活用している段階で、急流河川の礫河原の景観の変動状況を継続的に把握するなど、河川管理への活用についても検討が進められている。

NETIS登録情報




グラッチェ公式サイト
https://smx-gravelcheck.com/
株式会社スカイマティクス
https://skymatix.co.jp/
株式会社オリエンタルコンサルタンツ
https://www.oriconsul.com/
印刷ページを表示
WRITTEN by

AI Start Lab 編集部

AI・人工知能のビジネス活用についての情報をさまざまな視点からお伝えしていきます。

AIのビジネス活用に関する
最新情報をお届け

会員登録

会員登録していただくと、最新記事やAI関連のイベント情報を受け取れたり、その他会員限定コンテンツの閲覧が可能です。是非ご登録ください。