ニュース

OPTiM AI Cameraが「IT導入補助金2022」対象ツールに認定、最大半額の補助

AI Start Lab 編集部 2022.6.21
AI・IoT・ビッグデータのプラットフォームのマーケットリーダーである株式会社オプティムが提供する、AI画像解析サービス「OPTiM AI Camera」、「OPTiM AI Camera Enterprise」、ならびにMDM・PC管理サービス「Optimal Biz」、AIを活用した契約書管理サービス「OPTiM Contract」が、経済産業省が管轄する「IT導入補助金2022」において、補助対象のITツールとして認定された。

これにより、補助対象のサービスは最大半額の補助が受けられることになる。なお、具体的な補助額は運営機関の審査により決まる。

今回、補助の対象になるのは以下の4つのサービス。

  • Optimal Biz
  • OPTiM Contract
  • OPTiM AI Camera
  • OPTiM AI Camera Enterprise

店舗や施設の感染対策をAIカメラで効率化!


今回補助の対象になるサービスの1つである「OPTiM AI Camera」は、混雑可視化・人数カウントのリアルタイム配信ソリューション。多くの飲食店やスタジアム、イベント会場で導入されている。

新型コロナウイルスの流行により、混雑の緩和のための増員や、混雑状況の監視などといった、コロナ以前にはなかった対応が必要となっている。

「OPTiM AI Camera」による混雑状況可視化のイメージ

そんななかで活用したのが、「OPTiM AI Camera」である。店舗や施設の混雑状況をプライバシーを保護しながら公開し、来店前にお客さまに見ていただくことで混雑時間帯を避けての利用を可能に。

また、一定の混雑状況を検知して管理者へのアラートや、混雑時間帯の予測もできる。

既存の監視カメラが活用でき、クラウドでの解析を行うため、解析用のPCなども不要で、最短1分で設定が完了。1カメラにつき、¥3,278という手軽な価格で導入可能だ。

詳しくは、こちらから
https://www.optim.cloud/services/ai-camera/

高機能リアルタイムAI画像解析サービス「OPTiM AI Camera Enterprise」


「OPTiM AI Camera Enterprise」は、店鋪や施設などに設置されたさまざまな種類のカメラからデータを収集し、学習済みモデルを活用して画像解析を行うことでマーケティング、セキュリティ、業務効率などの領域を支援するパッケージサービス。

人数カウントと予測、混雑検知、滞在時間カウント、ヒートマップ、性別判定などの11業種を対象とした計300種類を超える学習済モデルのメニューを備え、低コストでサービスを利用開始することが可能だ。


詳しい情報はこちらのリンクからご覧ください
https://www.optim.cloud/services/ai-camera-enterprise/


株式会社OPTiM
https://www.optim.co.jp/

印刷ページを表示
WRITTEN by

AI Start Lab 編集部

AI・人工知能のビジネス活用についての情報をさまざまな視点からお伝えしていきます。

AIのビジネス活用に関する
最新情報をお届け

会員登録

会員登録していただくと、最新記事やAI関連のイベント情報を受け取れたり、その他会員限定コンテンツの閲覧が可能です。是非ご登録ください。