ニュース

「SPY×FAMILY」や「鬼滅の刃」で英語学習! 集英社の英語版マンガで楽しく英語多読を実現する「Langaku」iPhone版が正式リリース

AI Start Lab 編集部 2022.6.27
マンガに特化したAI翻訳技術の研究開発を行うMantra株式会社は、2022年6月21日、株式会社集英社(以下、集英社)の協力のもと、マンガ作品で英語の多読学習に取り組めるアプリ「Langaku」をApp Storeにて公開した。

マンガ翻訳エンジンの開発で蓄積した画像認識・言語処理技術を活用し、マンガによる英語学習体験をサポートする。

“楽しみながら続けられる”多読体験を実現


「Langaku」は、2020年9月より集英社が実施した、スタートアップアクセラレータープログラム「マンガテック2020」に採択された、国内初のマンガを活用した英語多読学習アプリだ。

英文を大量に読みこむ「多読学習」は、10カ月間の留学にも匹敵する効果を持つ可能性が示唆される(※1)など、その有効性が複数の教育機関で示されている。しかし、自身の語学力や趣味嗜好にマッチする多読教材を探すことは困難で、約25%の多読経験者が「読みたい本やコンテンツを見つけられなかった」ことを理由に多読学習を中断している(※2)。

「Langaku」はこの課題を解決するため、2021年6月より7000人以上のユーザーの協力のもとベータテストを実施。それを元に、集英社の名作漫画とAIによる学習支援を組み合わせた「楽しみながら続けられる」多読体験を実現した。



※1:西澤 一, 吉岡 貴芳, 伊藤 和晃:3年間の継続授業で明らかになった英語多読授業の効果と成功要因. 工学教育, 2008.
※2:4,302名のモニターを対象とした「英語学習に関するアンケート」(2021-2022 Mantra株式会社調査)より

集英社の名作漫画が毎日英語で楽しめる!



アプリ内では、「鬼滅の刃」(吾峠呼世晴)や「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」(赤坂アカ)をはじめとする、集英社が誇る多くの名作を公開。

リリース後は毎月新規作品の公開も予定されており、ユーザーの要望にあわせて機能の追加や改善も逐次実施していくという。また、将来的には英語以外の言語への対応、日本語学習への対応も検討している。

収録作品一覧(五十音順)


  • ​青の祓魔師(加藤和恵)​
  • アオハライド(咲坂伊緒)
  • アンデッドアンラック(戸塚慶文)
  • 俺物語‼︎(アルコ・河原和音)
  • かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~(赤坂アカ)
  • 君に届け(椎名軽穂)
  • 鬼滅の刃(吾峠呼世晴)
  • 黒子のバスケ(藤巻忠俊)
  • ゴールデンカムイ(野田サトル)
  • 呪術廻戦(芥見下々)
  • SPY×FAMILY(遠藤達哉)
  • 聖闘士星矢(車田正美)
  • チェンソーマン(藤本タツキ)
  • テニスの王子様(許斐剛)
  • DEATH NOTE(大場つぐみ・小畑健)
  • 東京喰種(石田スイ)
  • NANA −ナナ−(矢沢あい)
  • NARUTO −ナルト−(岸本斉史)
  • ニセコイ(古味直志)
  • ハイキュー‼︎(古舘春一)
  • 花より男子(神尾葉子)
  • BLEACH(久保帯人)
  • ホイッスル!(樋口大輔)
  • ぼくたちは勉強ができない(筒井大志)
  • 僕のヒーローアカデミア(堀越耕平)
  • マッシュル-MASHLE-(甲本一)
  • 約束のネバーランド(白井カイウ・出水ぽすか)
  • ラブ★コン(中原アヤ)
  • るろうに剣心(和月伸宏)
  • ONE PIECE(尾田栄一郎)


Mantra株式会社
https://mantra.co.jp/

印刷ページを表示
WRITTEN by

AI Start Lab 編集部

AI・人工知能のビジネス活用についての情報をさまざまな視点からお伝えしていきます。

AIのビジネス活用に関する
最新情報をお届け

会員登録

会員登録していただくと、最新記事やAI関連のイベント情報を受け取れたり、その他会員限定コンテンツの閲覧が可能です。是非ご登録ください。