ニュース

丸紅などが横須賀市と協力し、車載型エッジ AI を活用して道路や歩行者の状況を可視化

AI Start Lab 編集部 2021.1.26
横浜国立大学、同大発ベンチャーの LocaliST 株式会社、横須賀市、Mobileye Vision Technologies Ltd.(本社:イスラエル・エルサレム、以下「モービルアイ」)、丸紅株式会社およびESRI ジャパン株式会社は、ヨコスカ×スマートモビリティ・チャレンジ事業の一環として、車載型エッジ AI を活用した沿道状況センシングシステムの共同開発に着手した。

この取り組みでは、路面状況などの道路資産に関するデータと、歩行者や自転車の位置・量に関するデータを、車載センサによって連続的に収集・蓄積し、得られるデータと他の既存データを重ね合わせ、道路の通行安全性を多角的に評価。

新型コロナウイルス感染拡大により自家用車への依存傾向が強まる状況下において、道路上での弱者である歩行者と自転車への配慮を強め、より人間中心で安心安全な歩行環境および自転車走行環境の実現に貢献する。さらに、街路における歩行者の量を時系列で分析することにより、感染症流行時における外出抑制策等の効果を検証でき、ホットスポット分析などのリスク評価が可能となります。


2021 年は、そうした取り組みへの第一弾として、横須賀市内の延べ約 100km の道路区間を対象に、ごみ収集車などの公用車等に車載した十数台のエッジ AI(後付け先進運転支援システム)を用いて、以下のようなデータを収集、解析、可視化する実証実験を行う。

【収集する沿道状況データの例】
道路資産の状態、歩行者の通行量、自転車の通行量、自動車の運転挙動

今後は、大手物流事業者の参画も予定しており、実験車両の走行範囲、台数および車種を拡大してシステムの開発と収集データの有用性の検証を進める。また、収集した沿道状況データを可視化および共有するための方策として、国土交通省が整備を進めている 3D 都市モデル「PLATEAU(プラトー)」との連携も視野に入れているという。

※「ヨコスカ×スマートモビリティ・チャレンジ」とは、最先端のモビリティや情報通信技術を活用して地域課題の解決を目指し、横須賀市が中心となって推進している産学官連携事業。

ESRIジャパン株式会社ニュースリリース
印刷ページを表示
WRITTEN by

AI Start Lab 編集部

AI・人工知能のビジネス活用についての情報をさまざまな視点からお伝えしていきます。

AIのビジネス活用に関する
最新情報をお届け

会員登録

会員登録していただくと、最新記事やAI関連のイベント情報を受け取れたり、その他会員限定コンテンツの閲覧が可能です。是非ご登録ください。