ニュース

LINEがレシートの読み取りの新機能「LINEレシート」をスタート、AI OCRを活用

AI Start Lab 編集部 2021.1.28
LINE株式会社は、レシートを撮影するだけで簡単に支出管理ができる「LINEレシート」の提供を開始した。

「LINEレシート」は、レシートを撮影するだけで、簡単に支出管理ができるレシート管理サービス。LINEのウォレットタブから利用可能で、レシートを撮影して登録すると、記載された項目をAIが認識し、支出情報を自動に「利用レポート」へ反映する。日々のレシートによって支出額を把握することで、支出状況の分析を行うことができる。

LINEではすでに法人向けサービスである、LINE CLOVAのAI技術を活用した文字認識サービス「CLOVA OCR」のなかで、レシート・領収書の読み込みに特化した「CLOVA OCR(レシート・領収書特化型)」および「CLOVA OCR(請求書特化型)」を提供。高度な文章認識により、事前のフォーマット登録なしで項目分類まで行うことが可能。今回、この機能の一部をLINEアプリで提供することになる。
「LINEレシート」は、レシートによる支出入力に特化することで、入力の手間や煩雑さをなくし、誰でも直感的に利用できるサービスとしたという。レシートを撮影すると、AIによって、品目や金額が反映されるほか、品目の分類も自動で行われ、簡単に支出を入力可能。「利用レポート」により支出管理ができる。

また、「LINE Pay」や、グルメ・おすすめスポット検索・投稿サービス「LINE COMOMI」と連携も行うという。


LINE株式会社プレスリリース
印刷ページを表示
WRITTEN by

AI Start Lab 編集部

AI・人工知能のビジネス活用についての情報をさまざまな視点からお伝えしていきます。

AIのビジネス活用に関する
最新情報をお届け

会員登録

会員登録していただくと、最新記事やAI関連のイベント情報を受け取れたり、その他会員限定コンテンツの閲覧が可能です。是非ご登録ください。